コロナ下に開業や契約更新迎える大型SC 時間かけてテナント揃え 消費動向の変化に対応

2021/07/30 06:28 更新有料会員限定


Medium 09e6d071 8f01 4c43 8bba 3ddd2b3b25f5

 ディベロッパーのリーシングが難しくなっている。コロナ禍でテナントの出店意欲が極端に落ちているためだ。そうした中でオープンや契約更新を迎える大型SCは、これまでにない対応が求められる。段階的な開業や入れ替えを絞る形が多いが、有力施設は時間をかけ、コロナ下の消費動向の変化も捉えながら、新たな姿を見せようとしている。

(田村光龍)

【関連記事】21年のSC開発 最少の35の見込み SC協調べ

地域発の比率高め

 イオンモール白山は、ユニクロなど一部は秋になるが、総賃貸面積7万4000平方メートルに200店を揃えて7月19日に開業した。年間800万人の集客に向けてエリア最多の多彩なテナントを揃えた。その実現には「早くから地域に入ったことが大きい」(岩村康次社長)という。着工前の19年1月に小寺和也ゼネラルマネージャーが現地に入り、リーシング作業を進めてきた。2年半に及ぶのは、同社のこれまでの開発にはなかったという。すでにテナント各社の出店意欲の減退が顕在化していたことへの対策で、コロナ禍で環境はより困難になったが、ほぼ揃っての開業にこぎつけた。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定新型コロナウイルス情報


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop