ラピーヌ 希望退職者40人を募集 通期業績予想も下方修正

2019/11/08 15:55 更新


 レディスアパレルメーカーのラピーヌは8日の取締役会で、希望退職者の募集と通期業績予想の修正を決めた。希望退職者は45才以上の社員及び嘱託社員を対象に40人程度とし、退職日は20年1月31日。募集期間は11月18日から27日まで。

 希望退職者への優遇措置として、会社都合による退職金に加えて特別退職割増金を支給する。希望者には再就職支援会社を通じた再就職を支援する。これらの費用は予想修正で特別損失に計上しているが、応募者数及び特別退職金総額などが未確定であるため、確定後に改めて公表する。

 同社はこれまでも合理化を進めてきたが、業績安定には事業規模に応じた全社的な人員削減が不可欠として、今回の希望退職者募集を決めた。16年にも約80人の希望退職者を募集をしていた。

 通期業績は前回発表の売上高98億円を90億円に修正し、利益も各段階で黒字から赤字予想とした。売上高は消費増税後の買い控え傾向が予想を上回り、秋冬商品実需期の売り上げ不振も重なった。11 月以降も厳しさが続くと見て、下方修正した。


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop