レディス秋冬物でチュール素材広がる 袖やスカートに

2017/10/05 04:30 更新


Medium medium untitled collage

 レディスの17~18年秋冬物で、袖や身頃にチュールを重ねたトップや、パンツとのレイヤードスタイルを楽しむための裏地のないチュールスカートが広がっている。トレンド要素のボリュームやレイヤードの表現に使われている。

(安部裕美)

【関連記事】大人レディス秋冬 売れ筋はファー付きやチェック柄

 「レルビエ」(光世)は、秋物でニットカーディガンの裾に膝丈のチュールを付けたり、冬物でジャージートップの身頃と袖の一部にチュールを重ねたり(4900円)、袖にチュールを重ねたりした(4500円)。

レルビエ

 「シュガーローズ」(ドリーム)は、シースルーのドットチュールを多用した。スカート部分にチュールを使ったワンピース(1万6000円)、ボリュームスリーブとして袖に重ねたニットプルオーバー(1万4000円)、カフスや裾のリブを除き全体に重ねたニットカーディガン(1万6000円)がある。

シュガーローズ

 「アドニシス」(パックエース)は、アクリル・ウールのジャージーの袖にチュールを重ねた。プルオーバートップ(1万4000円)、Vネックカーディガン(2万1000円)、ワンピース(1万8500円)がある。

アドニシス

 「ディニテ・コリエ」(セモア)は、パンツとレイヤードするためのフロッキープリントのドットチュールのスカート(6400円)や花柄刺繍のチュールスカート(9900円)を作った。

ディニテ・コリエ

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop