《“わたしたちみたいな誰か”に向けて~上場するクラシコムの服作り㊦》深い視点で探る

2022/07/28 06:29 更新有料会員限定


Medium %ef%bc%91%e5%b9%b4%e5%8d%8a%e3%81%a7%ef%bc%96%e4%b8%87%e8%b6%b3%e3%82%92%e8%b2%a9%e5%a3%b2%e3%81%97%e3%81%9f%e9%9d%b4%e4%b8%8b

 発売前のPRや予約販売は一切しない。「本当にこのクリエイティブ、この価格で受け入れてもらえるかをジャッジするには、最後まで粘りに粘って直前まで約束しないのがベスト」(佐藤友子取締役)との考えからだ。実は売る5分前まで、価格設定に悩むこともある。

【関連記事】《“わたしたちみたいな誰か”に向けて~上場するクラシコムの服作り㊥》アーカイブで伸ばす

「なぜ」を届ける

 販売が始まれば、情報はふんだんに提供する。各部署と連携し、なぜ、その数量を発注するのか、そのためにどんなページでプレゼンする必要があるのか、初速がイマイチだった際にはどこでジャッジし、プッシュコンテンツを入れるのか。これらは全て事前に決める。売り上げの山をなだらかに減速して完売するのか、どこかで小山を3回作るのか。「計画しておけるのがウェブの良いところ」だ。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定デジタル


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop