現代美術家の名和晃平氏 銀座蔦屋書店で作品を展示

2019/02/07 06:27 更新


Medium %e3%81%aa%e3%82%8f

 パリ・ルーブル美術館を象徴するガラスのピラミッドで、現代美術家・彫刻家の名和晃平氏の大型作品「Throne」(スローン)が展示されている(18年7月~19年2月18日)。ピラミッド内で作品を展示するのはアジア人として初めての快挙。このプロジェクトを紹介しようと、銀座蔦屋書店は11日までの会期で、名和氏の個展を開催中だ。

 会場ではルーブル美術館の展示を小型化した作品や、「スローン」シリーズの新作を見せている。ルーヴル美術館の記録映像や展示風景の写真と一緒に鑑賞できる。

 蔦屋書店オリジナル作品集として、名和氏の活動と彫刻シリーズが収録されたアートブック「メタモルフォシス」も販売している。

 銀座蔦屋書店は「アートのある生活提案」が店作りのコンセプト。「アートと日本文化にふさわしい作品を制作してほしい」と名和氏に依頼し、17年の開業時から同氏の作品を店内に展示している。

作品と名和氏

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop