【連載】JFW‐IFF・MAGIC ㊤ テーマ別ゾーン増える

2018/04/18 04:29 更新


Medium %e5%87%ba%e7%a8%bf%e7%94%a8

 25~27日、東京ビッグサイトでファッション見本市、JFW‐インターナショナル・ファッション・フェアMAGIC・Japan(JFW‐IFF・MAGIC)が開かれる。米ラスベガスの合同展MAGIC(UBMアメリカ)とJFW‐IFF(繊研新聞社)が業務提携し、共同開催する3回目。

 今回は「サブカルチャー」や「アスレジャー」などアイテムを横断するテーマ型のゾーニングが増えた。中でも注目は、日本を中心に世界各国のデニムベースのブランド、ファクトリー、職人を集結した「デニムゾーン」。ブランドコレクションだけでなく、縫製工場や加工場の匠の技も見せる。デニムプロデューサー、本澤裕治氏による特設ゾーンもある。前回展までに多くの海外トップバイヤーらから「日本のデニムを見たい」というリクエストがあったことから、ゾーン化を決めた。

 外国人が想像する「東京」の今を詰め込んだ「ピンキートーキョー」も興味深い。日本を代表するスタイリスト、相澤樹がディレクションするエリアで、キッチュ、カワイイ、ユーモア、クールなど様々な要素を散りばめたブランドで構成する。

 事前登録はJFW‐IFF・MAGICのホームページ(http://www.iff-magic.com/)から。

日本のデニムを一堂に(前回17年9月展から)

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop