JFW-JC2024、PTJ24年秋冬 テキスタイルトレンド

2023/11/02 06:29 更新有料会員限定


 多彩なテキスタイルが一堂に会したJFWジャパン・クリエーション2024(JFW-JC2024)、プレミアム・テキスタイル・ジャパン(PTJ)24年秋冬。手仕事感やビンテージ調といったトレンドを意識しつつも、しっかりとした物作りや技術の背景を打ち出す企業が目立つ。表面変化など意匠を工夫した生地など、派手過ぎずに華やかさを表現するような提案もある。四つのキーワードを切り口に生地を紹介する。

【関連記事】JFW-JC2024、PTJ24年秋冬 〝自社ならでは〟で新たな価値

手仕事感 派手さ抑えた上質

 手仕事感のある生地が増えてきた。中でも、派手さを抑えながら上質なデザインに仕上げる「クワイエットラグジュアリー」を意識した素材が多い。

 落合レースが打ち出したのは、見る位置で色が変わって見える生成りのキルティング。遠目にはオフホワイトに見えるが、近くで見ると糸の色使いによって薄い緑を帯びる。

見る距離で色味が変わるキルティング生地(落合レース)

 溝呂木はプリントと刺繍を組み合わせた「柄合わせプリントエンブロイダリーAO生地」に注目が集まっている。クラフトとプリント技術の融合によってビンテージ感と新しさを両立する。

ビンテージ調 自然なしわや色落ちで

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

申し込み当月購読料
無料キャンペーン実施中

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定



この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事