「ハイク」21年春夏 エアリーで優しさあるシルエット

2020/10/15 11:00 更新


Medium  %e3%83%8f%e3%82%a4%e3%82%af 21%e5%b9%b4%e6%98%a5%e5%a4%8f %e3%82%a8%e3%82%a2%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%81%a7%e5%84%aa%e3%81%97%e3%81%95%e3%81%ae%e3%81%82%e3%82%8b%e3%82%b7%e3%83%ab%e3%82%a8%e3%83%83%e3%83%88

 楽天ファッション・ウィークに先立ち、「ハイク」が単独で無観客のショーを行った。ミリタリーやユニフォームの作りを生かした芯の強いイメージは変わらないが、フェミニニティーを際立たせるシースルー素材と空気の流れを感じさせるシルエットを生かして優しい雰囲気に仕上げた。

【関連記事】楽天ファッション・ウィーク21年春夏  奥深さ感じさせるデジタルの表現

 ワークスタイルのシャツを応用したドレスは、サイドスリットが大きく入って裾がドレープしてひるがえり、その下からシースルーのパンツが揺れる。ユニフォーム仕立ての半袖シャツやドレスは、シースルーのフレア袖がエアリーに膨らむ。大きめの作りで直線的なフォルムの半袖トップの下から、シースルーのフレア袖が揺れるレイヤードスタイルもある。シンプルで機能的な作りの潔さに、透明感のあるテクスチャーを添えて、軽やかで心地よいエレガンスを見せた。会場は飛行機の整備場。いつかは自由に飛び立てると、ブルーやパープルなど爽やかな色を差し入れたなかで未来への期待を感じさせた。

ハイク21年春夏
ハイク21年春夏

(須田渉美)


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop