小嶋陽菜さんの「ハーリップトゥ」 南青山に限定店

2019/04/12 17:10 更新


Medium %e3%83%8f%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%88%e3%82%a52

 元AKB48で現在はタレント・モデルの小嶋陽菜さんがプロデュースするレディスブランド「ハーリップトゥ」は13~14日、東京・南青山のライトボックススタジオ青山に期間限定店を開く。公式サイトでの販売が中心の同ブランドの服を、一般消費者が手に取って試着できる場となる。期間中は不定期ながら小嶋さん本人も店頭に立ち、買い物のアドバイスをする。

 同ブランドは18年6月にスタート。17年春にAKB48を卒業した後、「自身のメディアを作り、好きな物事を発信し、ファンとシェアしたいという気持ちが芽生えた」という。そんななか、小嶋さん自身が好きなファッションに焦点を当て、ブランドを立ち上げた。

期間限定店開催中、不定期だが小嶋陽菜さん本人も店頭に立つ

 コンセプトは、小嶋さんが「今着たいと思える服」。期間限定店で販売する19年夏物は、「シークレットガーデンパーティー」をテーマに、「友達とお出かけしたり、カフェのテラスで女子会する際に似合う色や柄の服」を揃えた。綿・麻混で貝ボタンを使うジャケットとショーツのセットアップ(3万6000円)やチェリー柄のロングワンピース(2万4000円)などがある。

 期間限定店は3度目の開催。昨年8月に東京・渋谷のトランクホテル(2日間)、同11月に伊勢丹新宿本店(7日間)で開き、どちらも500~1000人が来場し好評だった。今後も「いろんな場所に期間限定店を開き、多くの人に手に取って見てもらえる場を作りたい」(小嶋さん)という。

25~40代を中心に幅広い女性に支持されているという「ハーリップトゥ」の夏服

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop