「エンダースキーマ」×「ザ・ノース・フェイス」協業第2弾発売

2021/04/21 06:27 更新


Medium  %e3%82%a8%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%bc%e3%83%9e   %e3%82%b6 %e3%83%8e%e3%83%bc%e3%82%b9 %e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%a4%e3%82%b9 %e3%81%a8%e5%8d%94%e6%a5%ad%e5%95%86%e5%93%81%e7%ac%ac2%e6%ae%b5

 レザーシューズ・革小物ブランド「エンダースキーマ」は、「ザ・ノース・フェイス」との協業商品第2弾を発売する。4月30日からゴールドウインウェブストアで取り扱う。大きさ・容量の異なるバックパック2型(税込み4万6200円と3万7400円)とトラベルキット(1万9800円)、シューズ(3万6300円)、サンダル(2万5300円)がある。

 協業は20~21年秋冬にスタート。「変わるもの、変わらないもの」をテーマに、両ブランドの素材や機能、耐久性、普遍性など、それぞれの個性を結合させた商品を展開する。境界に線を引かず、対比を取り込むことで新しい価値観や視点を提案する。

協業商品のバックパック(左)とシューズ

 今回は、日常の風景から旅、自然など様々なシーンを紡ぐ商品を揃えた。フットウェアだけでなくバックパックやトラベルキットなど機能的な商品まで拡充した。

容量34リットルのバックパック

 バックパックは、ザ・ノース・フェイスの都市型定番バックパック「シャトルデイパック」とエンダースキーマの定番商品「バックパック」のデザインを組み合わせた。高強度のナイロン「コーデュラ・バリスティック」にレザーハンドルが新鮮なコントラストを生む。着脱できるフロントポケットは、付属のストラップを付けてスモールバッグやポーチとしても使用できる。

 34リットルと22リットルの二つで、両サイズとも協業のために特別製作したものだ。

フロントポケットは着脱可能でスモールバッグやポーチになる

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop