阪急うめだ本店 今春、4階婦人服にDtoC集積の大型ゾーン スモールマス市場を攻める

2022/01/25 06:29 更新会員限定


Medium cotocoto
21年12月に開設した「オー・スキンアンドヘア」「ストックルーム」「ビジュー」を集めた期間限定店

 阪急うめだ本店は今春、4階コンテンポラリー婦人服を改装する。中間層市場の活性化を狙い、ECで販売しているDtoC(メーカー直販)ブランドを主軸にした新ゾーンを売り場面積330平方メートル規模で構築する。DtoCブランドの期間限定店を多数設けてきた実績を踏まえ、1年を通して販売するゾーン設置を決めた。現段階で70~80ブランドの候補をリスト化、4月にオープンする。

(吉田勧)

【関連記事】阪急うめだ本店 靴選びの新オンラインサービス開始

 20年からコトコトステージ41などで「マチャット」「アヤコ」「ヨン」など〝スモールマス〟に支持されているDtoCブランドの期間限定店に力を入れてきた。20年1月~21年9月のうち休業期間などを除いた実質9カ月間で約70ブランド・100回の期間限定店を開設した。1週間で8000万~9000万円を売り上げたブランドもあり、同期間の期間限定店の売上高は50億円規模という。この実績から新ゾーン(名称は未定)を新設することにした。

関連キーワード会員限定デジタル


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop