羽毛を回収・再利用するグリーンダウンプロジェクト 年間60トン回収、50トン再資源化 130社・団体に拡大

2020/09/25 06:26 更新有料会員限定


Medium %ef%bc%a7%ef%bc%a4%ef%bc%b0%e3%81%8c%e7%b4%b9%e4%bb%8b%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b %e7%be%bd%e6%af%9b%e5%be%aa%e7%92%b0%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%af%e3%83%ab

 羽毛(ダウン)の回収と再資源化に取り組むグリーンダウンプロジェクト(長井一浩理事長)が順調に参加企業・団体を増やし、活動を広げている。15年4月に14社・団体の参加でスタートして以来、ネットワークを広げ、20年9月現在で130社・団体が参加するまでに拡大した。

(浅岡達夫)

 羽毛布団やダウンジャケットなどに使われる羽毛は、動物繊維の中で最も耐久性が高く「100年以上の利用が可能」とされる。しかし実際には、使用後に廃棄・焼却されるケースが多い。

 河田フェザー(三重県明和町)は同プロジェクトに当初から参加し、世界でも高いレベルの羽毛加工を行っている。「適切な洗浄加工によって油脂やほこりを除去すれば、再資源羽毛は新毛に比べてはるかに高い清浄度を持つ」とする。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop