グラン・パレ・エフェメールがオープン シャネルの社員らがパフォーマンス

2021/06/17 11:00 更新


Medium %e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%8d%e3%83%ab%e3%81%ae%e7%a4%be%e5%93%a1%e3%81%8b%e3%82%99%e3%83%8f%e3%82%9a%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%b9
ⒸMAXIME TETARD

 【パリ=松井孝予通信員】エッフェル塔の正面に、パリ・オリンピックにも使用される注目の多目的イベント会場グラン・パレ・エフェメールがオープンした。メゾン「シャネル」がこけら落としの独占スポンサーとなり、仏人振付師ボリス・シャルマッツによるコンテンポラリーダンス「ハプニング・テンペスト」が2日間、ライブで一般無料公開された。

 このスペクタクルでは、音楽とダンスのパリ高等学院の学生、劇団員、国立美術館のスタッフ、そしてシャネルの社員13人も加わり総勢140人がパフォーマーとなり、大嵐(テンペスト)を表現していく。稽古は都市封鎖の最中にオンラインで進められ、プロダンサーのアシュレイ・チェンがシャネルチームを担当した。「ソーシャルディスタンスがあろうとマスクをしてでも、とにかくみんながダンスする」(シャルマッツ)。力強いパフォーマンスはポストコロナへのパリの復興を印象付けた。


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop