ファストリ18年8月期連結 売上収益2兆円超え

2018/10/11 16:20 更新


Medium %e3%83%a6%e3%83%8b%e3%82%af%e3%83%ad

 ファーストリテイリングの18年8月期連結決算は前期比2ケタの増収増益となり、売上収益は初めて2兆円を超えた。海外ユニクロの伸びが下期も続き、利益面でも大きく貢献した。全社の売上収益は2兆1300億円で14.4%増、営業利益は2362億円で33.9%増、親会社の所有者に帰属する当期利益1548億円で29.8%増となった。

【関連記事】《人事・機構》ファーストリテイリング(11月29日)

 海外ユニクロは中国を中心にアジア市場での伸びが大きく、北米でも赤字幅が半減した。国内ユニクロも秋冬に当たる上期の好調に続いて春夏の下期も増収基調を維持し、営業利益も増益となった。ジーユー事業は増収は果たしたが、ニーズに沿った商品の提案ができず、減益となった。

 今期は売上収益2兆3000億円、営業利益2700億円、親会社の所有者に帰属する当期利益1650億円を計画する。


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop