【FBプロフェッショナルへの道④】日本で売られる服はどこで作られるのか?

2023/12/08 13:00 更新有料会員限定


 前回(11月24日)は、日本で売られている服の価格帯ごとの分布とその変化を見ました。今回は日本のファッション市場で販売されている服は、どこで作られるのかを見ていきます。

【関連記事】【FBプロフェッショナルへの道③】服の価格はどう変化した?販路別シェアは?

価格帯と供給量の変化は?

  • 低価格のシェア拡大
  • 中~高価格の規模縮小
  • 供給量は低水準続く

 グラフ①は日本のアパレル市場の金額と供給量の推移を棒で、低価格の衣料品の市場規模の推移を折れ線で表したものです。金額ベースの市場規模は20年を底に22年まで増加が続いていますが、市場規模は依然9兆円を下回っています。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

申し込み当月購読料
無料キャンペーン実施中

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定ピックアップニュース連載



この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事