「コムデギャルソン・シャツ」21年春夏 レイヤードパーツで変化

2020/08/07 11:00 更新


Medium fotojet  79

 「コムデギャルソン・シャツ」は21年春夏コレクションをフロアショー形式で発表した。「コムデギャルソン・オムプリュス」がメディア向けのフロアショーを開催したのに続き、シャツでは一部の小売店関係者も招いて見せた。

【関連記事】「コムデギャルソン・オムプリュス」 リアルでファッションショー開催

 春夏はシャツ地を使ったスーツやアンサンブルが充実した。襟回りからフロントに揺れるレイヤードパーツをシャツやスーツの上から重ねてアクセントにする。シャツの襟からボウ飾りのような布が揺れ、シンプルなラインに変化を作る。キュプラドットのシャツとスーツのトータルルックは軽やかで鈍い光沢がポイントとなる。中国人アーティストのユエ・ミンジュンによる顔の柄のセットアップもインパクトがある。

 ストライプ地のパッチワークをはじめ、コムデギャルソン・シャツの原点を思わせる素材使いも多い。90年代初期にこのラインが始まった時に見たストライプ地を複雑にパッチワークしたシャツが21年春夏もジャケットなどで使われている。パッチワークテクニックでは、カラーブロック状に色を変えたシャツも目立った。

コムデギャルソン・シャツ
コムデギャルソン・シャツ

(小笠原拓郎、写真=大原広和)


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop