仏ランジェリー「シャンタル・トーマス」 シャンタル・トーマスがデザイナー復帰

2022/06/07 06:27 更新


Medium %e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%ab760
22年秋冬は黒のみで3グループを販売

 仏ランジェリー「シャンタル・トーマス」は、22年秋冬物からシャンタル・トーマスがデザイナーとして復帰した。22年秋冬物は、グラフィックメッシュとチュールの透け感を組み合わせたモダンでフェミニンなグループや、チュールリボンとシルクサテンを組み合わせたシックなグループなど、黒のみの3グループを販売する。ロゴも昔のスタイルに戻した。

【関連記事】仏ランジェリー「シャンテル」、22年秋冬にプレステージブランド「シャンテルX」を発売

 日本でシャンタル・トーマスを輸入販売するアイ・ピー・エフの中西宏社長は、「バイヤーやブランドのファンからは高い期待の声があがった。市場から求められていることを実感した」と話す。百貨店や専門店など卸先のほかアイ・ピー・エフの直営店内で販売する。

 23年春夏物はシャンタル・トーマスらしいピンク・ベージュやコーヒーブラウンなどの色も加え、90年代の商品の復刻版も登場する。

 シャンタル・トーマスは仏シャンテルランジェリーグループの傘下にあったが、仏の実業家のティエリー・ル・ゲニック氏が買収。ゲニック氏が率いるグループは、ランジェリー「メゾン・ルジャビー」、高級ランジェリーチェーン「オルカンタ」、プレタポルテの「ポール・カ」、家具メーカーのアビタなどを保有している。


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop