「カルチャーシャネル」展 21年に東京で開催

2020/02/25 11:00 更新


Medium %e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%8d%e3%83%ab

 シャネルは21年3月20日~6月20日、「カルチャーシャネル」展を東京都現代美術館で開催する。07年のモスクワに始まり、世界7都市で開催してきた巡回展だ。キュレーターのジャンルイ・フロマンによって、各都市に合わせてユニークなテーマが選ばれてきた。

【関連記事】20年春夏オートクチュールコレクション「シャネル」シンプルなカットに秘めた手仕事

 8回目の東京展は、これまで取り上げてこなかったガブリエル・シャネルのクリエイションの世界に焦点を当てる。彼女の創造力に富んだ人生や、ブランドの永続性、独特な美的感覚がどのように培われたのか。七つの章にわたる展示で、芸術品や書籍、原稿、洋服、ジュエリー、香水といった展示品を通して、内面的な世界を描く。数々の芸術家と深い交流のあった彼女の思想が垣間見えそうだ。

 「展覧会では、シャネルのシンボルへとつながる様々な時代のクリエイションが、相対的に展示される。ブランドの根幹にある伝説を単に説明するのではなく、見ている人に想起させるようなものにしたかった」とフロマン氏は話す。

ホルスト・P・ホルストによるマドモアゼル シャネルのポートレート(1937年)© Condé Nast / Corbis


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop