アウトドア合同展で見つけた キャンプ服の優れモノ

2020/11/12 06:30 更新会員限定


Medium %e3%82%a2%e3%82%a6%e3%83%88%e3%83%89%e3%82%a2%e5%90%88%e5%90%8c%e5%b1%95%e3%81%a7%e8%a6%8b%e3%81%a4%e3%81%91%e3%81%9f

 アウトドア用品市場で、すっかり定着したキャンプウェア。21年はさらにバリエーションが広がる。テントで過ごす、たき火や料理時に着る、女性用など、シーンとターゲットがますます細分化した。独自の進化を続ける注目のキャンプウェアを、アウトドア合同展で見つけた。

(杉江潤平)

【関連記事】「スノーピークアパレル」デザインチームに聞く キャンプウェアのこれから

 「クリフメイヤー」(アスディック)は〝テントウェア〟という概念を新たに打ち出した。「アットテント」はストレッチ性のあるリップストップクロスを使ったクルーネックの半袖とイージーパンツのセットアップ。同素材でできた収納用バッグも付く。ルームウェアや旅先、出張時の部屋着としても使える。黒、茶、オリーブ、ネイビーの4色、7900円。ループが7カ所、ポケットが8個付いたキャンプショーツも同時に提案した。5900円。

「クリフメイヤー」のアットテント
「クリフメイヤー」のキャンプショーツ

関連キーワード無料会員限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop