アウトドア企業・小売り 続々キャンプ場を開設 ブランド力生かし個性的に

2022/04/26 06:30 更新有料会員限定


Medium %e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%e8%a8%98%e4%ba%8b%e8%a1%a8

 アウトドア用品メーカーや大手小売りが、相次ぎキャンプ場の運営を始めている。地方自治体や地元業者と連携し、ブランド色あふれる個性的な施設が特徴だ。「ギア需要は一巡した」(大手小売り)とされるキャンプ用品業界だが、コロナ下の自然志向は根強く、キャンプ場は予約しづらい状況が続く。こうしたなか、メーカーや大手小売りが供給不足の解消に乗り出した。

(杉江潤平)

 ロゴスコーポレーションは4月23日、高知県須崎市に野外体験施設「ロゴスパークシーサイド高知須崎」を開業した。海を望める全19区画(1区画約100平方メートル、1泊税込み6600~8250円)のキャンプ場や4棟のコンテナハウス、バーベキュースペース、高知県初の直営店「ロゴスショップ&カフェ」などを設けた。

オーシャンビューのキャンプサイト「ロゴスパークシーサイド高知須崎」

自治体とも連携して

 最大の特徴は、小さな子供や女性、キャンプ初心者に配慮した点。全区画にお湯が出るミニキッチンと電源を備えるほか、場内にはベビーカーで入れるスロープ付きの授乳・おむつ替え室やエアコン付きのトイレなどを作った。ロゴスカフェでは、子供の背の高さに合わせた専用のカウンターも設け、子供心をくすぐる仕掛けを盛り込んだ。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop