ビームス・ウィメン原宿店が好調 20代前半を集客

2019/10/30 06:26 更新会員限定


Medium %e3%83%93%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%82%b9 %e3%82%a6%e3%82%a3%e3%83%a1%e3%83%b3 %ef%bc%a7%ef%bc%a9%ef%bc%b2%ef%bc%ac%ef%bc%a2

 ビームスの「ビームス・ウィメン」原宿店が好調だ。18年9月に「ビームスボーイ」「レイビームス」と仕入れの商品を入れたレディスカジュアルの複合店としてオープンした。18年9月~19年2月の売り上げは、予算比2ケタ増だった。イベントやSNSの活用で、20代前半の若い層の集客ができ、高価格商品も売れている。

(森口萌美)

【関連記事】「ビームスジャパン」新宿に続き渋谷に2号店 総合アドバイザーの小山薫堂さんに聞く

商品以外で差別化

 オープン直後の20代前半客は18%程度だったが、今年5~6月は25%まで上昇した。若い世代が増えている要因は「コト」イベントの開催だ。

 11月と7月に雑誌『アイスクリーム』と協業で開いたイベントでは、アーティストのライブやイラストレーターが客の似顔絵を描いたり、店内に持ち込んだ証明写真機で写真を撮れたりと、店に来ないと楽しめない内容を用意した。

 「今の時代、品揃えだけで差別化するのは難しい。若い層を呼ぶための仕掛けや他の部分で差別化することが必要だ」と久保田雅也ウィメンズ統括ディレクターは話す。

関連キーワード無料会員限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop