ビームスがVR空間で販売 〝仮想〟ならではの体験提供

2021/01/08 06:29 更新


Medium beamsmain

 ビームスは1月10日まで、ソーシャルVR(仮想現実)アプリ「VRチャット」内で3D・CGアイテムやリアル商品を展示・販売するイベント「バーチャルマーケット」(Vケット)に出展している。「バーチャルならではの体験」の提供に注力している。

【関連記事】ビームス 異業種プロデュース事業の体制を強化

 店内1階正面には、上方へトルネード状に常に出展商品が流れるバーチャル什器を置いた。流れる商品に触れることで、同社の販売ページが開き、スムーズに購入できる。リアル店舗のような従来の陳列では一定のスペースに限られた商品しか見られないのに対し、この什器はコンパクトなスペースで、客が探す手間を省いて全商品を360度見られる。パナソニックの社内会社のコネクティッドソリューションズが考案、主催のHIKKYが制作支援した。

 店舗の脇に設置したロケットの大型3D・CGは、来店者が仮想ボタンに触れると打ち上がる。宇宙ステーションで着用するウェアを開発したプロジェクトにちなんだ。

バーチャル店舗脇のロケットは来店者が打ち上げられる

 出展商品は、協業商品を中心としている。協業したアイドルのももいろクローバーZのサプライズ登場では、「コロナ禍でファンイベントが少なくなっている今、感染リスクを抑えながら間近でコミュニケーションできる感覚を得られる」とする。

 平日の日中には、自社スタッフによるバーチャル接客をしている。日中は時差の関係で海外ユーザーのアクセスが多いことから、英語を話せるスタッフが中心に対応した。「接客を通じて海外ユーザーの購買意欲の高さを実感した」という。一部の出展商品は海外発送に対応している。

トルネード状に商品が流れる什器

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop