「ベースコントロール」 リーズナブルな良質ベーシック

2019/10/07 06:27 更新


Medium 190925%e3%83%99%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%ab

 エクスプローラーズトーキョー(東京)が販売する「ベースコントロール」は、「ザ・ベストオブベースアイテムズ」をテーマに、リーズナブルながら良質な素材を使った商品を揃える。

 同ブランドは藤原ヒロシ、滝沢伸介の両氏をディレクターに起用して05年に立ち上げた。4年ほど前にリブランディングし、アイテム数や販路を絞って展開している。通年使用できるものと、春夏と秋冬それぞれの定番商品が軸となる。

 春夏物は、吸水速乾機能のある裏毛のスウェットや無地のカットソーを中心に販売する。スウェットは長袖クルーネックやプルパーカ、ボトムなど6型で4500~5900円。

 秋冬物は、吸湿発熱機能のある裏毛を使う。ポケット付き半袖TシャツはクルーネックとVネックの2型で、いずれも3600円。後加工で体温調節機能を付与したものは4500円。綿16番手空紡糸を使用した天じくTシャツは、生地染めで14色を揃える。クルーネックとVネックの2型にそれぞれ半袖、七分袖、長袖があり、1800円。

 このほか、和歌山のつり編み機で編んだつり裏毛のアイテムも定番の一つ。ジップパーカ1万2000円、ボトム9000円など。

 ECや同社の直営店「ティーケータケオキクチ」などで販売する。

つり編みのスウェット

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop