バロックジャパンの海外戦略 中国重点に置き東南アジアにも拠点

2023/04/27 06:30 更新有料会員限定


韓国での出店を進める「エンフォルド」は3月、新世界百貨店センタムシティ店(釜山)に2号店を開いた

 23年2月期連結決算で中国事業の不振が大きく影響したバロックジャパンリミテッド。現地の店舗休業などを背景に減収減益となり、日本国内でも中国生産の商品で納期遅れが発生し販売機会ロスが生じた。半面、中国事業は今後も重視しつつ、東南アジアにも生産や販売の拠点を広げていく。高級デニム製品「マウジービンテージ」が好調な米国と欧州にも注力する。

(関麻生衣)

【関連記事】バロックジャパン村井博之社長 優秀な人材に適切な昇給 販売職の質向上を

地方都市に成長余地

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

申し込み当月購読料
無料キャンペーン実施中

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定



この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事