バーニーズニューヨーク チャプターイレブンを申請

2019/08/06 15:13 更新


 【ニューヨーク=杉本佳子通信員】バーニーズニューヨーク(ニューヨーク)が6日、チャプターイレブン(米連邦破産法11条、日本の民事再生法に相当)をニューヨーク州南部地区破産裁判所に申請したと発表した。再建中の新たな資金として、ヒルコ・グローバルとゴードン・ブラザーズ・グループから7500万ドルを確保した。ニューヨークのマジソン街とチェルシー、ビバリーヒルズ、サンフランシスコ、ボストンのコプレープレイスにある計5店舗は存続する。ウッドベリーコモンとリヴァーモアにある計2店舗のアウトレットストア「バーニーズ・ウエアハウス」も継続する。それぞれのEコマースも継続する。

 シカゴ、ラスベガス、シアトルの3店舗、5店の小さなコンセプトストア、7つのバーニーズ・ウエアハウスは閉店する。バーニーズは、今年10月に開業するニュージャージー州の商業施設「アメリカンドリーム」にも出店予定で建設が進んでいるが、その店に関してはプレスリリースでは触れられていない。

 バーニーズは1996年にもチャプターイレブンを適用され、今回で2回目のチャプターイレブンとなる。


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop