大人のプールパーティーに行ってみた!

2017/08/05 09:30 更新


Medium unknown

【センケンコミュニティー】大人のプールパーティーに行ってみた!

 女性の間で、ホテルのナイトプールなど水着を着て楽しむ大人の遊び場が注目されています。そこには何を求め、どんな人たちが集まってくるのでしょう。やはり皆、インスタグラムに写真をアップしているの?センコミ取材班は、7月16日に千葉市で開かれた屋上プールパーティーを取材してきました!

【関連記事】ナイトプール&インスタ映えで水着が好調


開放的に音楽やお酒を楽しむ

 プールパーティーイベント「プールサイドカラー〝アリエル〟アウト2017」(以下アリエルアウト)の会場となったのは、JRとモノレールの千葉みなと駅から徒歩数分にあるビル最上階の、おしゃれな会員制ラウンジ「ペントハウス」。屋上プールの先には、千葉港の海が広がる開放的なロケーションで、インスタグラムにもぴったりだ。


千葉の港も見える屋上ラウンジで開かれた

 イベントは午後1時~7時の開催だったが、夕方にかけてどんどん人が増えてくる。DJブースから流れる音楽を聴きながら、アルコールドリンク片手におしゃべりしたり、大きな浮き輪に座ってスマートフォンで写真を撮ったりと、皆自由に過ごしている。女性が中心と思いきや、男性も多かった。年齢的には20~30代が中心に見えた。


DJによる音楽も楽しめる

 記念撮影はインスタにアップ

 女性に話を聞くと、着ている水着は「H&M」や「フォーエバー21」など。手頃に買える海外ファストファッションブランドが人気だった。屋外イベントということもあってか、洋服姿のままプールサイドで座っている女性たちも目立つ。何となく楽しそうなイベントだからと来たそうで、「一応、水着は下に着ているけど、プールには入らないかも」。プールの中にいる人たちも、泳ぐというよりは水遊びをしている。


 イベントの様子をインスタグラムにアップするという女性は多かった。やはり、「水着の写真はフォロワーが増えると聞く」とのことで、SNS(交流サイト)上で非日常を演出できるコンテンツとしてもプールパーティーは魅力的なのだろうと改めて思った。気軽にアップできるという理由で、インスタグラム内の、一定時間後に投稿内容が消える「ストーリー」機能も使われていた。


 アルエルアウトは、クラブイベントなどのコーディネーターが関わっているパーティーということもあり、クラブの屋外版のような印象だ。「会場が暗くないし、空気もこもっていないからクラブよりも参加しやすい」という声も。ただ、比較的パーティー慣れしているというか、会場の雰囲気を自然に楽しんでいる人たちばかりで、なじめていないのはわれわれ取材班だけ。ホテルのナイトプールの場合はどんな人たちが集まるのだろうと、新たな取材の意欲もわいてきた。


  イベントを主催したプールサイドカラーアリエルの担当者によると、今年で4回目。元々は、東京・新木場の有名エンターテインメントスペース「アゲハ」のプールエリアで開いていたクラブイベントがベースという。そこが遊泳禁止だったため、出張版をペントハウスで開くようになったという。

 アゲハ時代から知っている客や、千葉在住者など毎年200~250人を動員し、普段はクラブには遊びに来ないような層も取り込んでいるという。今年はVIP客も含め約300人が参加した。東京のダンスミュージックシーンの第一線で活躍するDJやダンサーをゲストに呼ぶようにしており、今回は特別ゲストDJとしてジブラさんも登場した。


「エクストララージ」の衣装を着たダンサーたち

 また、ファッション関連ではストリートカジュアルブランド「エクストララージ」が今回のイベントをサポート。千葉県内には柏と舞浜に店舗があり、そのPRとして参加した。「話題性のあることや新しいことに取り組むことで、格好良いブランドだと思ってもらえたら」(ビーズインターナショナル)という。




この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop