【20年春夏トレンドチェック:発注】シンプルでクリーンなスタイル

2019/11/28 06:28 更新有料会員限定


Medium %e3%82%a2%e3%82%a6%e3%83%a9%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%a920%e5%b9%b4%e6%98%a5%e5%a4%8f
「アウラアイラ」20年春夏

 有力ショップに聞いた20年春夏の発注状況は、装飾をぐっと抑えたスタイルの「シンプル、ピュアネス」、素朴な雰囲気の「ナチュラル、プリミティブ」に支持が集まった。今秋冬のレディストレンド「BCBG」の流れを組む、70年代調のトラディショナルなスタイル「フレンチシック」も継続トレンドとして期待する。

(関麻生衣)

 トレンドテーマの1位はシンプル、ピュアネス。色柄を控えめに装飾もそぎ落としたクリーンなスタイルだ。「柄ではなく無地のアイテムを意識的に揃える。天然素材のドレス、シャツ、ボトムを買い付けた」(バーニーズニューヨーク)、「白やペールカラーを基調としたフェミニンなウェアをオリジナルで販売する」(ドゥーズィエムクラス)。続く2位は、大地や自然を感じさせる色柄や素材で作るナチュラル、プリミティブだった。

 3位のフレンチシックは、コンサバティブな客層に響くと百貨店を中心に支持された。「今秋冬から動きが良いボウタイやフリルのブラウス、キュロットスカート、ブレザーなどBCBG感覚のアイテムを春夏でも強化する。ディテールはトリミングや金ボタンに注目する」(松屋)という。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop