18~19年秋冬パリ・コレクション シャネル

2018/03/07 16:47 更新


Medium %e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ab%e3%81%aa%e3%81%97%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%a5  51

 【パリ=小笠原拓郎、青木規子】18~19年秋冬パリ・コレクションは、それぞれのブランドのオリジナリティーやアイコンのようなアイテムに立ち返り、そこに今シーズンらしさを加える手法が目立つ。例えば「シャネル」のファンシーツイード、「ステラ・マッカートニー」のマスキュリンとフェミニンのバランスなど。持ち味を生かしながら、秋冬の女性らしさを表現する。

(写真=大原広和)

 シャネルのショー会場といえばパリの歴史的建造物グランパレ。いつも巨大なセットを用意してシャネルだけのオリジナルの空間を作る。今回はどんなものか、わくわくしながら入っていくと、そこは一面の落ち葉。ランウェーにはすっかり葉を落とした木々が並び、落ち葉が香る晩秋の森だ。

 そんな中に登場するのは、しっとりとしたムードをたたえたライン。黒いコートスタイルは小さな襟やラメの光沢、ニットなどの豊富なバリエーション。袖やショルダーにフェザー刺繍を付けたものもある。


 ラメツイードのスーツ、ファンシーツイードのドレスなどシャネルのアイコンともいえるアイテムに、ブラウンやグリーン系のシックな色をのせる。箔(はく)ゴールドのかすれたような色合いのブーツやパンツが、シックな秋色トップのコントラストとなる。


 葉の刺繍のコートや落ち葉のプリントのドレス、スーツも秋冬の象徴的なアイテムとなりそうだ。トレンドとなっているパッデッドアイテムも、シャネルにかかるととてもキュートに。トリミングジャケットにもパッド入りのボリューム感を生かした。

> 続きは繊研新聞の本紙・電子版で

18年春夏繊研レディストレンドセミナーはこちら


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop