16~17年秋冬パリ・コレII

2016/03/07 06:29 更新


Medium vetements fw16 e011

 【パリ=小笠原拓郎、青木規子】16~17年秋冬パリ・コレクションは、若手デザイナーの台頭とデザイナーの退任劇を伴いながら、いくつものブランドが軌道修正を図っている。デザイン的には、若手デザイナーのクリエーションに触発されるかのようにオルタナティブやグランジといった要素を感じさせるブランドが増えている。


ビッグ&ナロー/ヴェットモン

 デムナ・ヴァザリアの「バレンシアガ」アーティスティック・ディレクター就任によって、人気急上昇のヴェットモンは教会をショー会場に選んだ。前回の迫力のビッグシルエットは秋冬のトレンド全体に影響を及ぼし、肩が大きく袖が長いボリュームシルエットを作るブランドは多い。当のヴェットモンはそこから一歩進んで、大きな肩パッドを入れたスクエアショルダーのラインと、肩の内側までショルダーラインを入れて窮屈そうにしてしまうラインの二つを出した。

 ビッグショルダーのラインは身幅も大きいが袖丈は前回ほど長くはない。だが、ヴェットモンが放つオルタナティブ、グランジといった気分は今シーズンもそのままで、そこがボリュームとかシルエットとはまた別のオーラとなって表れる。ドレスに比べてテーラードスタイルを増やしており、特にスクエアショルダージャケットにミニスカートやスポーツソックスを合わせたスタイルが、グランジなのにキュートに見える。

 ナローショルダーのジャケットはパンツスーツで見せるのがメーン。アイコン的なスエットパーカは、フードが小さく肩が引っ張られるようなディテールが新型となる。前回ほどの衝撃度はないものの、メンズの型数を増やしたことも含めて話題をさらうコレクション。

Vetements Paris RTW Fall Winter 2016 March 2016Vetements Paris RTW Fall Winter 2016 March 2016Vetements Paris RTW Fall Winter 2016 March 2016

続きは繊研新聞で


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop