「ユキ・トリイインターナショナル」春夏 「好きなもの」を今の気分で

2020/11/26 10:59 更新


Medium 32s original

 「ユキ・トリイインターナショナル」(鳥居ユキ)の21年春夏は、季節ごとの花柄プリント、ドットやストライプ、手仕事による凝ったニット、デニムなどブランドならではの要素を、軽快にこなした。デザイナーの「好きなもの」を今の気分でまとめたコレクションだ。爽やかなブルーとグリーン、基調の色を決めながらのマルチカラーのコーディネートも〝らしさ〟を新しく表現している。

 ドット柄は少し縦長ですっきり見えるだ円のプリントと、完全な円を抜染プリントしたニットがある。プルオーバーブラウスとスカートを色違いで合わせたり、ストライプとコーディネートしてスポーティーな雰囲気にしたり。今シーズンはトップをウエストインするスタイルをイチ押ししていて、上下単品の組み合わせはほとんどその提案。ドットのスカートはウエストがリブニット、ドレスもウエストがぐるりとリブになって、セットアップのウエストインのように見える。

 ニットはクロシェの透かし編みのジャケットやクロシェの襟付きジャカードジャケットなど。身も心も軽く明るくと、透け感もポイントにしていて、透かし編みのほかレース、シフォンなどを使っている。

 デニムは今回、パッチワークデニムのトロンプルイユプリントにした。ふんわりフェミニンなシャツやジャケットがある。

七分袖ドレス(右、8万8000円)

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop