YKK 次世代型ファスナーなどを相次いで公開

2017/09/29 04:28 更新


Medium %ef%bc%b9%ef%bc%ab%ef%bc%ab%e3%81%a0%e3%81%84%e3%82%84%e3%82%8b%e5%bc%8f%e3%81%a7%e9%96%8b%e9%96%89%e3%81%99%e3%82%8b%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%b9%e3%83%8a%e3%83%bc %e6%96%b0
ダイヤル式で開閉する次世代型ファスナー

 YKKは総合展示会「YKKファスニングクリエーション」で、次世代型や実用化に向けて開発途上のものなど、近未来における可能性を追求したファスナーを相次いで公開した。用途に合わせた商品を開発し、販売市場を広げる。

【関連記事】YKKと金沢大、富山県立大 文科省の補助事業に採択

 次世代型のファスナーは①歯車を内蔵したスライダー(引き手)を装着して左右にダイヤルを回して開閉する②上下の止めをなくしてエンドレスに開閉、円筒形やらせん状に開閉できる③スライダーは一つだが、3方向からかみ合わせることができる④閉めても隙間ができ、隙間からコードを通したり、通気性をもたせることができる⑤十字に交差してそれぞれが開閉できる――など5種類で、市場の要望などを取り込みながら、可能性を探る。

 開発途上で、まもなく販売、完成する予定のファスナーでも新商品を公開した。

 「エクセラライト」はアルミを原料にし、軽くて光沢感がある。エレメント(かみ合わせの歯)もスライダーもアルミで仕上げた商品で、新たにナンバー10の大きいサイズを完成させる。「シーム・ジップ」では生地と生地を突き合わせ縫製する技術を応用し、パイピングや見返しもなく縫製でき、とりつけた部分の厚みを感じさせず、縫製工程も削減できる。スポーツやカジュアル分野から既に引き合いがあり、本格販売に入る。

 「フラットニットファスナー」はニットテープにエレメントを編みこんだもので、軽く薄くソフトで、既にナンバー2と、5を販売しているが、新たにナンバー4のサイズを販売する。「ダブルコイルファスナー」ではエレメントが表・裏2重構造で操作性は良く強度が高く、ピッキングなどでこじ開けられにくい構造になっている。

 ナンバー8に続いてナンバー5を発売する。エコ商品では超臨界染色の「エコ・ダイ」やバイオマスを原料にした「植物由来ファスナー」を、「アクアガード・パール調テープ」では止水ファスナーでパール調の顔料を配合したフィルムを使って、見る角度で色が変化するテープを採用する。また「挿入補助スライダー」ではスライダーの胴体形状を変えて、簡単に挿入できる商品を開発した。



Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop