ワールドパーティー「Wpc.」 アイテム増やし客層広げる

2020/01/09 11:00 更新


Medium %e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ab%e3%81%aa%e3%81%97%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%a5  66

 レイングッズメーカー、ワールドパーティー(大阪市)は、主力ブランド「Wpc.」の20年春夏物で、アイテムを大幅に増やす。これまではレディスの傘というイメージが強かったが、男性も含めて幅広い人を対象とし、購買意欲をそそるような新商品を拡充する。

 20年のテーマは「どんな天気でも自分らしく」とし、さまざまな人に使ってもらえるブランドを目指す。代表的な新商品が男性も使いたくなるアイテム。傘を開くと骨の一部がスライドして広がり、背中やバックパックがぬれにくい折りたたみ傘は、骨から独自開発したもので特許申請中。同じ構造の長傘が好評だったため、折りたたみも開発した。3400円。骨の長さが55センチあり、自動開閉式の折りたたみ日傘は男性も十分使用できるアイテムとして企画した。250グラムと軽くしたため、女性でも持ちやすい。3400円。

傘の後ろ側が広がる折りたたみ傘

 ロードバイクなど前かごのない自転車用のレインポンチョは、バッグを背負ったまま着用できる仕様にした。止水ファスナー、生地両面のラミネート加工で防水性を上げている。5400円。要望が強かったレインパンプスも初めて出す。4色3サイズで、晴れの日も履けるバレエタイプのデザインにした。収納袋付きで4500円。

 傘の柄を使ったハンカチ(600~650円)は無撚糸を使ったフワフワの手触りが特徴。子供用傘の柄を落とし込むキッズ向けサファリハット、極薄軽量生地を使い5段伸縮にしたスクエア型の折りたたみ傘なども新商品。

ロードバイク用のレインポンチョ
傘の柄を落とし込んだハンカチ

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop