売り場観測・百貨店キャリア10月 ニットトップとドレスが動く

2019/10/31 06:29 更新有料会員限定


Medium %e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ab%e3%81%aa%e3%81%97%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%a5  33

 10月のキャリア売り場は、増税や度重なる台風などの影響もあり、全体的に厳しい商況だった。月の後半からは少しずつ盛り返している店もあり、厳しいなかでもドレスやニットアイテムなどには動きが見られた。1枚で映えるようなもの、機能性があるもの、異素材合わせなどの特徴的なデザインは反応が良かった。コートではフェイクファーを使ったタイプが人気だった。

(価格は税込み)

【関連記事】売り場観測・チェーン専門店ヤングレディス10月

伊勢丹新宿本店

◆1枚で映えるニット

 増税、台風での休業などの影響もあり苦戦したが、直近では少しずつ盛り返しが見られた。セーターを中心に動きがあり、ドレスもこの間よく売れている。1枚で映えるものが求められている。ウール混でさらっと着られるもの、ウール・カシミヤで少し光沢感があるきれいめの反応が良い。通勤に使えてきちんと見えながらリラックス感のある、私服に着回せる服が人気。

 パンツはウエストゴムで洗えてしわになりにくいなどの機能性が引き続き求められている。色は全体的にブラウン系が多い。セーターは復調の動きも見られるので11月に期待している。

ウール混でさらっと着られる「スーペリアクローゼットイネドインターナショナル」のニットプルオーバー(1万6500円)
通勤にも使いやすい「23区」のウール・カシミヤプルオーバー(1万6500円)

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop