トウキョウベース 東京・丸の内に新業態「ザ・トウキョウ」1号店 大人の男女に向けた“セレクト型コミュニティーストア”

2021/09/17 12:00 更新


Medium 1760
9月18日に丸の内仲通りにオープンする新セレクト業態「ザ・トウキョウ」

 トウキョウベース(東京、谷正人代表取締役CEO=最高経営責任者)は9月18日、東京・丸の内仲通りにレディス・メンズの新セレクト業態「ザ・トウキョウ」の1号店を開く。日本のデザイナーブランドや日本人デザイナーとの協業によるプロジェクトブランド「ザ・パーマネント・アイ」の商品を販売する。売り場面積は約330平方メートル。

【関連記事】トウキョウベース アスレジャー業態「エープラストウキョウ」が好発進

 ザ・トウキョウは、もうすぐ15周年を迎える主力業態「ステュディオス」の卒業生や日本のブランドは好きだが、ステュディオスでは買い物をしたことがなかった人などが主対象。「ファッションを楽しむ大人へ向けた日本ブランドのみを販売するセレクト型コミュニティーストア」という位置付けで、サロンのように予約優先営業にする。コミュニティー会員限定の商品・イベント・サービスも用意する。

 品揃えは、エレガント(レディス・メンズ)、ラグジュアリー(同)、オーセンティック(同)、ストリート(メンズ)がキーワード。レディスは「フミカウチダ」「マディソンブルー」「チカキサダ」「アンスクリア」「ミオハルタカ」など、メンズは「アンダーカバー」「ヨウジヤマモト」などを揃える。カスタムできるスニーカーや腕時計もある。

 ザ・パーマネント・アイは、日本人デザイナーのクリエイションと、トウキョウベースの国内の生産背景を掛け合わせて商品開発をするプロジェクト。エレガントなリアルクローズを提案する。最初は、堀内太郎氏、西崎暢氏、久保嘉男氏、清水則之氏、武笠綾子氏に依頼した商品が揃う。今後も石川俊介氏、茅野誉之氏、川瀬正輝氏など様々なデザイナーとプロジェクトを進める。

 10月には男性向けイベントとして「Nハリウッド」の定番ジャケット、ベスト、シャツ、スラックスを「ロロ・ピアーナ」の100種類以上の生地から選ぶイージーオーダーを開催する予定だ。女性向けにも様々なブランドとのイベントを企画している。今秋には東京ミッドタウン(六本木)に2号店の出店も予定している。

店舗内装は、インテリア・建築デザインなどを手掛けるグラマラスの森田恭通代表・デザイナーに依頼した

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop