ソウルサイクル(杉本佳子)

2013/07/15 00:00 更新


Medium %e3%83%ad%e3%83%93%e3%83%bc

 06年4月にマンハッタンのアッパーウエストサイドにオープンしたインドアサイクリングワークアウトの「ソウルサイクル」は、現在マンハッタンに8ヶ所、その他の北東部に6ヶ所、西海岸に4ヶ所あり、今後5年間で国内外に60店以上をオープンする計画だ。その人気と急成長の秘密を探るべく、マンハッタンで一番新しいウエストビレッジのスタジオで、クラスを体験させてもらった。



エントランス


ロビー


 57台の自転車が並ぶ薄暗い部屋は、月曜の午後1時にもかかわらず満杯。大方は20代から30代とおぼしき女性たちだ。インストラクターの掛け声の元、部屋は真っ暗に。最初は目をつぶり、音楽に合わせて宇宙にこぎ出すイメージを描きつつこぎ始める。



スタジオ


 インストラクターはむしろDJという感じで、クラブでDJに合わせて自転車をこいでいる感覚だ。こぎながら腕立て伏せをするように上半身を動かし、ウエイトも使うかなりハードな全身運動が45分間続く。

 初体験の私はバテバテ。後で85歳の会員もいると聞いて唖然!メンタルな刺激があってカロリーカットできることが、はまる理由かもしれない。トリー・バーチ、ケイティ・ホームズ、チェルシー・クリントンらセレブの会員も多いという。

 更衣室で会ったヨガの先生だという女性は、複数の著名ジムの同様のワークアウトも試したそうだが、「他は退屈。こっちの方がソウルフルで楽しい。時間に正確で清潔なのもいい」と話してくれた。ご主人と「ヘルシーなデート」として来ることもあり、夜は男性の参加者が増えるそうだ。





89年秋以来、繊研新聞ニューヨーク通信員としてファッション、ファッションビジネス、小売ビジネスについて執筆してきました。2013 年春に始めたダイエットで20代の頃の体重に落とし、美容食の研究も開始。でも知的好奇心が邪魔をして(!?)つい夜更かししてしまい、美肌効果のほどはビミョウ。そんな私の食指が動いたネタを、ランダムに紹介していきます。また、美容食の研究も始めました(ブログはこちらからどうぞ

関連キーワードレポートプラス


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop