残業、休日労働、深夜労働への割増賃金(助成金なう)

2019/06/10 06:20 更新


Medium shutterstock 509500429

わたしたち株式会社ナビットは、全国の助成金・補助金情報の検索サイト「助成金なう」を運営しております。

このコラムでは、助成金・補助金の疑問や基礎知識をわかりやすく解説していきます!助成金・補助金に興味がある方は、是非ご参考ください!

*助成金なうの過去ブログはこちら

残業や休日労働、深夜労働は基本的に労働者が行うべきものではありません。もし行った場合、使用者は割増賃金を支払わなければいけません。これは労働基準法にも明記されていることです。

なぜ労働基準法で定められているのかというと、第一に法が定める労働時間の原則を使用者に守らせるためです。そして、第二に過重な労働を行った労働者に対して補償を行うためです。

ところで、残業や休日労働、深夜労働をした場合、使用者はどの程度の割増賃金を支払わなければいけないのでしょうか?

今回は割増賃金の計算方法について解説します!

1.各ケースの割増率

割増率は以下の4パターンに分かれます。

(1)残業60時間以下

25%以上

(2)残業60時間超え

50%以上

※中小企業主は2023年3月31日から

(3)休日労働

35%以上

(4)深夜労働(原則午後10時~午前5時)

25%以上


2.割増賃金の計算方法

まず、通常の労働時間における賃金(時給)は以下のように計算できます。

※月給が支払われている労働者の場合です。

月給/月における所定労働時間数(※)

※月によって所定労働時間が異なる場合は、年間の1月平均所定労働時間数

上記の計算で導き出された時間給が1000円の場合、残業や休日労働などにおける賃金は以下となります。

(1)残業月60時間以下or深夜労働

25%以上:1250円以上

(2)休日労働

35%以上:1350円以上

(3)残業月60時間超or残業月60時間以下+深夜労働

50%以上:1500円以上

(4)休日労働+深夜労働

60%以上:1600円以上

(5)残業月60時間超+深夜労働

75%以上:1750円以上


3.まとめ

使用者の方は労働者の残業時間や休日労働時間などをしっかり管理して、正しい額の賃金を支払うようにしましょう。

また、労働者の方は自身の賃金がきちんと支払われているか、給与明細などをチェックしてみることをおすすめします。

本日は以上になります。

今後もよくある質問や、わかりにくい助成金・補助金の専門用語について解説していきます。

是非、ご活用下さい!

▽全国の助成金・補助金検索サイト「助成金なう」はこちらから!

▽ご質問・ご相談は「みんなの相談室」まで!


ナビットが運営するサイト「助成金なう」では、官公庁や地方自治体、財団・協会で公示されている全国各地の助成金・補助金を検索できる。また、旬な助成金・補助金のご紹介、助成金・補助金に関する疑問や基礎知識をわかりやすく解説するサービスも行っている。個人事業主や大手企業から、社労士や税理士など、業種・規模を問わず幅広い層が活用している

関連キーワードレポートプラス


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop