新生・ストライプインター㊤ 既存店見直しと足元固め徹底

2020/10/22 06:30 更新有料会員限定


Medium %e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%97%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%8a%e3%83%ab%e7%ab%8b%e8%8a%b1%e7%a4%be%e9%95%b7

 ストライプインターナショナルは立花隆央氏が社長兼CEO(最高経営責任者)体制になって約7カ月。今期(21年1月期)は不採算ブランドの閉鎖や中国撤退、広告費削減などリストラに集中し、店舗の営業再開後の既存店売上高はほぼ前年同期比10%台減に回復。「資金繰りでひとまず安心できる状況になった」という。「利益確保とEC強化」を軸に、既存ブランドを大幅に方向転換、新規ではDtoC(メーカー直販)型ブランドを複数立ち上げ、来期は前期並みのグループ売上高1300億円台を計画する。

(疋田優)

 3月の社長就任後すぐに新型コロナウイルス感染拡大も重なり、前期までの拡大路線から一転し、中国撤退と不採算ブランド廃止を決断した。6月からは実店舗が想定よりも早く売り上げを回復、「会社を潰さない努力を必死にしてきた中で、今ひと息つけている状況」と語る。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop