レディスの「スターブリンク」 原宿、新宿に出店

2019/09/11 10:59 更新


Medium %e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%96%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%af %e5%ba%97%e9%a0%ad

 レディスブランドの「スターブリンク」(東京、森下賢樹代表)は8月23日、東京・原宿のラフォーレ原宿に1号店をオープンした。面積は約43平方メートル。

 同ブランドは15年にスタートし、60年代の〝レトロフューチャー〟をテーマに企画している。ワンピースが主力で、ターゲット層は20代。元々はアトリエや展示会で見せて販売することがメインだったが、昨年から期間限定店の出店を始めた。空間を使ってブランドの雰囲気をしっかり見せ、接客の中で背景やカルチャーも伝えたいと考えたため。8月30日には東京・新宿のルミネエストにも出店した。

内装でもブランドの雰囲気が伝わるようにした

 都内にアトリエがあるため、袖丈や着丈、肩幅などはお直しできる。同じデザインでも、その人に合わせた一着にできることが強みだ。お直しにかかる期間は1~2週間程度、料金はプラス5000円から。店頭の商品のうち2割程度はアトリエで制作している。

 中心価格はワンピース1万2000~3万4000円、ブラウス9800~1万9000円。店舗限定の商品も企画した。

 デザイナーのまえだなをこさんは「他の店にはなかなかないテイストの服だから、自分たちの発信で流行を作り出したい。今後は買いやすいアイテムも増やして裾野を広げていきたい」と話す。

 出店にあたって、タレントの熊井友理奈さんをブランドのアンバサダーに起用した。14日には協業のワンピースも販売する。

デザイナーのまえだなをこさん(左)とラフォーレ原宿店限定のワンピースを着たアンバサダーの熊井友理奈さん

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop