しまむら 復調まで「もう少し」 短納期商品増やす

2019/07/23 06:29 更新有料会員限定


Medium %e3%81%97%e3%81%be%e3%82%80%e3%82%892020

 「取りに行くのではなく、正攻法で自然に来店してもらえるようにしたい」。しまむらの北島常好社長は、そう話す。「ファッションセンターしまむら」の既存店の減収が止まらず減収減益となっているが、短納期化が進んで復調したカテゴリーが徐々に広がってきた。過剰な低価格からも離れ、客単価を引き上げながら店頭在庫を抑えている。復調は「もう少しだと思う」。足元の天候に懸念はあるが、着実に成長性を取り戻そうとしている。

(田村光龍)

【関連記事】しまむら 出店を抑制、自店競合を回避へ

■調達

 「ティーンズヤングは計画値に行くようになった。レディスのトップも順調」(北島社長)だ。納期が長くて厳しかったカテゴリーが復調している。長期と定義するのは、半年以上で全体の4割近かった。3~5カ月の中間が6割、2カ月以内の短期が1割にも満たなかったが、今期は短期を3割に引き上げ、長期と中間をそれぞれ3割、4割にした。トレンドがはっきりしていたこともあるが、短期を増やしたことで変化対応が進んだ。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop