アパレルの二次流通市場 個人バイヤー急増で成長

2020/11/16 06:29 更新有料会員限定


Medium %e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%bb%e3%83%ab

 過剰生産や廃棄が問題になっているアパレル業界にあって、アパレル在庫の二次流通マーケットが注目されている。特にコロナ禍もあって在宅率が高まり、主婦など個人バイヤーが仕入れて、メルカリなどで販売するケースが大幅に増えた。この市場に注目した企業は、アパレルの新しいマーケットが成立しており、今後も成長が見込めると踏んでいる。

(古川富雄)

在宅、スマホで完結

 ウィファブリック(大阪市)のアパレル在庫卸売り・仕入れサイト「スマセル」は当初、出品、バイヤーとも比較的規模の大きい企業の参加を想定していた。17年に立ち上げ、出品企業、バイヤーとも登録が増えていたが、昨年9月からバイヤーは主婦など個人バイヤーをメインターゲットに変えた。メルカリやラクマでの販売に慣れている人はスマセルを使い、スマートフォンで完結することにも抵抗がないと考えた。

 バイヤーはこのところ毎月数千人規模で増え、現在は約3万人。約8割が個人バイヤーだ。個人バイヤーで最も多いのが25~45歳の主婦。子育て、家事の空いた時間に小遣い稼ぎする感覚で入ってくる。インスタライブで集客し、メルカリなどに誘導して売る人も多い。地域の専門店と変わらないくらい売り上げる人もいるという。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop