三陽商会がワークショップ 障害者が主役の服作り

2019/09/12 06:28 更新有料会員限定


Medium %e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%b3%e3%82%a6%e3%83%95%e3%82%af  1

 車椅子でもおしゃれしたい――体にハンディキャップのある人向けのウェア作りワークショップ「シンコオフクジュク」を三陽商会が行った。CSR(企業の社会的責任)活動「アース・トゥ・ウェア」の一環で、障害者の衣生活の改善を目的とする任意団体「コオフク」と共催した。三陽商会のパタンナーほか商品企画の技術者が参加して服作りをアドバイスし、障害者からの要望を取り入れるなどして、新しい衣料の可能性に挑戦した。

(北川民夫)

【関連記事】三陽商会 新ブランドで〝シネマコマース〟導入

 ワークショップは6月下旬から始めた。障害者を中心に、パタンナーやデザイナーが加わった五つのチームで進行した。

困りごと見つける

 まず、〝買い物体験〟として、百貨店売り場での服の試着を通して、障害者が感じる〝服の困りごと〟を発見。その課題解決に向けた製品企画やリデザインを行い、最終製品を披露する8月末のファッションショー開催まで、計4回のプログラムを実践した。ワークショップ最終日のファッションショーには、障害者やボランティアなど約80人が参加し、盛況だった。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop