プレミアム配送のサンタデリバリー 正装でプレゼント配達、メッセージ代読… 〝早い・安い〟の逆で付加価値

2021/06/16 06:29 更新有料会員限定


Medium img 5861
オプションで記念撮影やラッピングアレンジなどが選べる

 〝早い・安い〟が追求され、コストとしてしか見なされていなかった「配送」に、真逆から光を当てるスタートアップが立ち上がった。21年2月に設立したサンタデリバリー(東京)だ。贈り手ともらい手をつなぐ「届け手」も含めた〝三方よし〟を、プレミアム配送という新しいサービスで実現しようとしている。

(金谷早紀子)

届け方にお金を払う

 「プレゼントをお届けに参りました」。タキシードに白手袋姿の男性が、紙袋を手にマンションを訪ねた。扉を開けた女性は、そのたたずまいにびっくり。「息子さんから、いつもありがとうというメッセージをいただいています」。男性がメッセージカードを読み上げると、女性は「息子が…。ありがとうございます」とほほ笑んだ。

 男性の正体は、ヤマト・スタッフ・サプライの配達員。依頼人の息子の代わりに、母の日のプレゼントをフォーマルな装いで手渡した。これは、サンタデリバリーがJR京都伊勢丹に提案して実現した、新しい「母の日」の形だ。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop