大型SC「サンエー浦添西海岸パルコシティ」6月27日に

2019/04/15 15:00 更新


 サンエー(沖縄県宜野湾市)とパルコの共同出資会社、サンエーパルコは沖縄県浦添市に開発中の大型SC「サンエー浦添西海岸パルコシティ」のグランドオープン日を6月27日に決めた。店舗面積は約6万平方メートルで、沖縄県初出店の94店を含め、250店が入る。

【関連記事】サンエーパルコ 来夏、沖縄に開業の新施設名を決定

 地上1~6階の建物のうち、商業ゾーンは1~3階。1階(72店、うち沖縄初11店)は食物販・飲食、地元の土産物店を中心に構成する。トヨタ自動車の体感型ショールームも入れる。

 2階(93店、沖縄初47店)は「都市型ライフスタイルを提案するフロア」とし、「フルラ」「コーチ」「MHL」「アーバンリサーチドアース」や「ザラ」、県最大規模の「H&M」などや、「マウジー」などのレディス、「ザ・ノース・フェイス・プラス」などのスポーツ・アウトドア、「フルーツギャザリング」やコーセーの「コスメテリア」などのコスメ店を揃え、全12店のフードホールも設ける。

 3階(85店、沖縄初36店)は県最大級の「無印良品」「ユニクロ」などを入れるほか、大型複合映画館や書籍・音楽・映像ソフト店、VR(仮想現実)技術を使ったアミューズメント施設などを入れ、全10店のレストランゾーンも設けて「時間消費を提案するフロア」とする。同階の共用休憩スペースは良品計画が全面プロデュースする。


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop