ジュン「ロペ・エターナル」 再生プロジェクトを開始

2020/06/05 06:30 更新


Medium oup banner 12

 ジュンは今夏、再生プロジェクト「循環型のファッション」の取り組みを始める。それに先駆け、「ロペ・エターナル」で6月から「フロム・レフトオーバー・ファブリックス・アワー・アップサイクル・プロジェクト」を始める。過去のコレクションの残反を使ったリミテッドエディションを販売する。

【関連記事】【ECで売れてます】「アダム・エ・ロペ」 1枚で様になるカットソー

 ファッション業界で、過剰在庫や残反の課題など変革が叫ばれているなか、新型コロナウイルスの感染拡大による環境の変化を受けて再生プロジェクトのスタートに踏み出した。

 ロペ・エターナルが今回ローンチしたプロジェクトは、月に一度新作を発表し、全4回で構成する。同ブランドが伝統的な職人技を取り込みながら、時に糸から開発して作った生地を、自社アトリエで手作業で裁断、縫製する。商品の包装も社内のスタッフが自ら行う。

残布を使ったリミテッドエディションを販売する「ロペ・エターナル」

 ファーストコレクションは、6月5日から直営ECサイト「ジャドール・ジュン・オンライン」とアトレ恵比寿店で展示販売する。また、ブランドの「海と風と太陽に捧ぐ」というテーマから、ファッションモデルで、環境活動家の小野りりあんさんが立ち上げたアクティビストハウス「the roots」に売上金の50%を寄付する。同施設は環境と未来を考える場として人々の交流やミーティングスペースに活用されている。

ショッピングバッグ(7000円)
シュシュ(2000円)
クッション(6000円)、ミニサイズは5000円

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop