レイ・カズン「エマ・リンバー」秋物 古い洋館のラインをデザイン

2021/07/19 11:00 更新


Medium %e3%82%a8%e3%83%9e %e3%83%aa%e3%83%b3%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%bc

 レディスSPA(製造小売業)、レイ・カズンのEC限定ブランド「エマ・リンバー」の秋物は、「ステアーズ」がテーマ。1920~30年代の洋館に見られる階段やアーチ状の壁面、タイルなどの直線や曲線を服のデザインに取り入れた。秋物は8月中旬から9月下旬にかけて順次販売する。

【関連記事】レイ・カズン 小柄女性向けECブランド「エンスモール」 9月に再始動

 オーバーサイズのテーラードジャケット(本体1万7000円)は、パッチポケットやラペルのステッチワークがポイント。ダークネイビーとブラウンの2色あり、生地とは異なる色の縫い糸がアクセントになっている。セットアップできるベイカーパンツ(1万3000円)もある。ともにストレッチが利いて、しわになりにくい。

 程良く膨らみがある片あぜ編みのショート丈のハイネックプルオーバーとノースリーブのロングワンピースがセット(2万円)もある。それぞれが単体かつ前後で着られるため、様々な着方が楽しめる。

 アウターは、取り外し可能のコーデュロイの襟が付いたキルティングジャケット(2万3000円)、ギャザーフレアが軽やかな印象を与えるローウエストの綿・ナイロントレンチコート(2万5000円)などがある。

19年秋にスタートした「エマ・リンバー」は女性をしなやかで奇麗に見せるカジュアルウェアが揃う

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop