パル 来期から大型店出店を積極化 ライフスタイル提案磨く

2020/10/15 06:30 更新有料会員限定


Medium %e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba %e4%ba%95%e4%b8%8a%e4%bc%9a%e9%95%b7  1
井上会長

 パルは来期(22年2月期)から3カ年計画を推進し、ブランドのライフスタイルショップ化による大型店出店を積極化する。「かつてSPA(製造小売業)に転換した際に企業として蛻変(ぜいへん)を遂げたが、コロナ禍という背水の陣で今ひとたびの変化を目指す」(井上英隆パルグループホールディングス会長)構えだ。

 同社は「コロニー2139」「チャオパニックティピー」「ディスコート」を軸に、大型店の開発を進め、売り上げの大きな大型ブランドの育成に注力している。来期はこの3ブランドを引き続き主力に、ライフスタイル提案を充実した大型店を増やす。「ECの拡大、コロナ禍で多くの企業が苦戦する状況で大型店を広げるチャンスは拡大している。資金力も生かしたい」と出店のアクセルを踏む。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop