総合アパレル 緊急事態宣言に伴い一部店舗で休業・営業時間短縮

2021/04/30 12:08 更新


 東京や大阪など4府県に出された緊急事態宣言に伴い、総合アパレルメーカーは百貨店や商業施設に入居する店舗のほか、東京都心部の路面店など一部の直営店でも休業や時短営業をしている。

【関連記事】ファッション小売り、再びの店舗休業 4都府県限定も影響大

 ワールドグループのタケオキクチ渋谷明治通り本店は5月11日まで休業している。

 オンワードホールディングスのオンワード樫山はエイトン青山を祝日と土日は休業し、J・プレス&サンズ青山は営業時間を短縮。アイランドのグレースコンチネンタル代官山本店も営業時間を短縮している。

 TSIホールディングスはアンドワンダー丸の内など一部店舗を休業。三陽商会のエポカ・ザ・ショップ丸の内店は宣言期間中は休業し、ポール・スチュアート青山本店は営業時間を短縮、併設のバーは酒類の提供を休止している。ブルーレーベル/ブラックレーベル・クレストブリッジ原宿本店、ブルーレーベル・クレストブリッジ渋谷店、ラブレス青山、ストーリー・アンド・ザ・スタディー南青山サロンは、時間を短縮して営業している。

 ルックホールディングスは「昨年からの時短営業を継続し、適宜状況を見ながら判断する」としている。

関連キーワード新型コロナウイルス情報


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop