【売れてます】ナノ・ユニバースの汗染み防止Tシャツ

2018/06/20 06:29 更新


Medium %e3%83%8a%e3%83%8e%e3%83%a6%e3%83%8b%e3%83%90%e3%83%bc%e3%82%b9 %e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%81%e3%82%bd%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%83%e3%83%89

 セレクトショップのナノ・ユニバースの汗染み防止オリジナルTシャツ「アンチソーキッド」が売れている。プロパー消化率が9割のヒット定番商品だ。18年春夏は10万枚を用意し、5月末に品薄状態になった。

【関連記事】ナノ・ユニバースが新スローガン “動く”大切さを表現

 セレクトショップの綿Tシャツの概念を変えたいとの思いで開発した。一般に、定番と呼ばれるTシャツは高級な素材を使ったり、涼感・速乾機能を加えたりするが、汗染みという外観の悩みや不満を解消するために企画し、13年春から販売した。

 生地作りが難しかった。表地は超撥水(はっすい)で、肌側は汗をすばやく吸収して分散するよう、糸に特殊加工してある。サンプル30点以上を試し、13年春夏に5000枚を投入。14年から機能や色、組織のバリエーションを広げ、15年に白地の汗染み防止を実現、リピーターを増やした。色ごとに素材の混率が異なり、白などは綿50%・レーヨン50%で、グレー系は綿100%。中心価格は4200円。

 店頭やECでは、アンチソーキッドのネーミングとともに、「VS汗」というキャッチフレーズで汗染み防止機能を発信。色バリエーション、生地のデザインや厚さ、シルエットが、セレクトショップらしく旬のシーズントレンドを反映しているのも好評だ。レディスではリブ編みを加え、仕事で着られるカットソーまで広げている。

 今春夏はメンズ6万枚、レディス4万枚と生産数を拡大したが、4月からの気温上昇で計画を上回るスピードで売れ、プロパー消化率は9割。6月下旬に新型で追加販売し、秋冬物も生地の厚さを変えて企画する。同社の今春夏の販売は前年同期比2ケタ増で、3~4月には既存店売り上げも前年を超えた。

汗染みが気になりやすいグレーが人気の「アンチソーキッド」
レディスは仕事でも着られる生地を増やした


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop