モンドデザイン 下駄の水鳥工業とルームシューズ

2020/12/16 10:59 更新


Medium sub3
国産ヒノキを使ったルームシューズ

 モンドデサイン(東京)は廃タイヤチューブを再利用するブランド「シール」で、老舗下駄メーカー、水鳥工業(静岡市)と協業したルームシューズ「シール×two piece メンズミュール」を発売した。

【関連記事】「プラスティシティ」 ビニール傘の再利用でトート

 台は国産ヒノキで、吸湿性と保湿性があり快適な履き心地という。2枚のヒノキを伸縮する素材でつないでいるため屈曲性もある。アッパーは廃タイヤチューブで、雨や汚れに強く、耐久性もある。国内の職人が手作りする。

 ルームシューズ、オフィス履きだけでなく、アウトソールがあるため近場への外出にも使える。価格は1万1800円、サイズはMとL。シールの公式オンラインストア、表参道と横浜の直営店で扱っている。

 シールは07年に始めたサステイナブル(持続可能性)ブランドの先駆け的存在。廃タイヤチューブを活用した様々な製品開発、WWF(世界自然保護基金ジャパン)への寄付や植林など社会貢献活動を続けている。


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop