21年春夏メンズインポート トップは半袖ニットやTシャツが主流

2020/08/27 06:27 更新会員限定


Medium 21%e5%b9%b4%e6%98%a5%e5%a4%8f%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%82%ba%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%88 %e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97%e3%81%af%e5%8d%8a%e8%a2%96%e3%83%8b%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%84t%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%84%e3%81%8c%e4%b8%bb%e6%b5%81

 21年春夏メンズインポート市場で、トップやパンツの人気商品にも変化が出そうだ。テーラードスーツの需要が減り、ジャケットも軽い仕立てのものが主流となったことを受け、そうしたアウターに合わせられるインナーとしてTシャツや半袖ニットの受注が伸びた。パンツもウールのドレス系スラックスよりは、スニーカーと合わせても違和感のないカジュアルでくつろいだフィットに人気が集まっている。

(柏木均之)

【関連記事】21年春夏メンズインポート ジャケットはTシャツに合う軽さ

 インポートのシャツはパターンの巧みさや高い縫製技術を背景に市場に定着した。しかし、ここ数年でドレスコードの緩和が進んだこともあり、需要の減退が著しい。またコロナ禍で在宅勤務の機会が増えたこともあり、春夏の店頭での売れ行きはさらに伸び悩んだ。

関連キーワード無料会員限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop